FC2ブログ

ビアチカエロパロ部-ふたなりレズ同人&web漫画-

【18禁】ビアチカ編集部【水月モニカ&S,夜紫蛇】による、アニメ&ゲーム中心の【レズエロ&ふたなり同人】サークルです。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【DQ10百合ふた台詞】ウェディ×オーガ百合夫婦の花売り

keiico.jpg
酒場フレ優遇措置で、無料で枠を気にせず組み放題!と、4キャラコースにしてしまいました。
オガ子とウェディ子の他に、兄貴のふたオーガと兄嫁も作成。ウェディオガ百合ふたカップルがWデートとによによしてます。
によによついでに、花栽培ネタをひねりました。
う○こ集めて花売るなんて、いやらしマニアックすぎます!が、ひり出したネタは色気無し。キッズタイムでも安心です。
温泉ネタはアダルトな漫画で描きたいです。

【登場人物】
・ウェディ子(ウェディ):ウェディ(女)デフォ。身長大。オガ子の嫁。百合タチ。別の時代のエテーネ。生き返しを受けたが、人間の体は消失。真面目で責任感のある長女気質。さびしがりやで甘え下手。オガ子がベタ惚れだった、体の持ち主には未だに妬いている。

・オガ子(オガ子 ):オーガ(女)デフォ。身長大。ウェディ子の嫁。百合ネコ。脳筋格闘バカ。感情が尻尾と顔にすぐ出る。表裏なく明るい。将来を誓った彼女と修行に出た兄が生き返しを受ける。生き返し後も嫁にベタ惚れ。ブラコン気味。

・ふたオーガ(ふたオガ):オーガ(万能:女ベースふたなり)金髪白肌デフォ。身長大。筋肉質。最後のエテーネ。頼られると断れない性格。百合っ子少女で妹キャラ。 駄目姉としっかり者の妹で通ってたが、姉依存の重度のシスコン。生き返し後は年上の妹と嫁の理想の兄や旦那になるべく大人の万能(ふたなり)として振る舞う。

・アラサー兄嫁(あによめ):ウェディ(女)銀髪盛髪。身長小。(画像:tumblr)ウェディだが巨乳。ふたオガの嫁。快楽主義で楽天家だが、面倒見がよく情が厚い。幼い旦那や若い妹達のお姉さん的存在。家族で唯一ふたオガの人間体も見える。人間体では疑似母娘。

・ふたオガ宅
ふたオガ「なんだって!妹たちが?!小遣い欲しさに花売りを?」
ふたオガ「おまえ、それを黙って見ていたの?」
あによめ「私が、口をはさむことじゃ…」
ふたオガ「見損なったよ!妹達が可愛くないの!?」

・オガ子宅(庭先)
ふたオガ「妹ちゃん!!」
オガ子 「あ、アニキ」
ふたオガ「花売りなんて…どうして相談してくれなかったの!?」
オガ子 「どうしてって」
ふたオガ「兄妹なんだから、頼ってよ!」
オガ子 「じゃあ、うんこ頂戴」
ふたオガ「勿論!…って、え?なに、うん…こ?」
オガ子 「ラン錬だし、ストックあるでしょ?」
ふたオガ「え、ああ。家畜のフンか、びっくりした」
オガ子 「見ればわかるでしょ?花の肥料が欲しいの!」
オガ子 「アニキのうんこ、欲しがるわけ無いじゃん!」
ふたオガ「ごめんごめん。うまのふんと、うしのふん、どっち?」
オガ子 「どっちもー。余ってるだけ頂戴」
ふたオガ「判った。すぐ送るよ」
オガ子 「さんきゅー」
オガ子 「(花に水をやりながら)収穫前に間に合ってよかったね」
ふたオガ「え?」
オガ子 「血相変えて飛んでくるなんて。そんなに花、見たかった?」
ふたオガ「え…違うよ!その…花違いっていうか……まいったな」
オガ子 「恥ずかしがることないよ」
オガ子 「今は万能(ふたなり)でも元は女の子なんだし、花好きでも笑わないよ?」
ふたオガ「……うん。そうだね。…ありがと」
オガ子 「収穫前キラキラ光ってきれいなんだ。今晩見られるよ!」
ふたオガ「へえー、楽しみ」

あによめ「見事な花畑ね」
ウェディ「そんな。趣味の園芸です。お恥かしい」
あによめ「またまた!あれ、希少種のブラックリリィでしょ?」
ウェディ「あら、詳しいんですね。お義姉さん」
あによめ「判るわよ。妹ちゃんは価値判ってないみたいだけど…」
あによめ「売上はお嫁ちゃんのヘソクリ?」
ウェディ「ツレには内緒にしてくださいね?」
ウェディ「あれにお金握らせるとロクなことないので」
あによめ「頼もしくなったわねお嫁ちゃん」
ウェディ「お義姉さんこそ、お義兄さんに何吹き込んだんです?」
あによめ「妹ちゃんたちが花売りはじめたって教えただけよ」
ウェディ「えー///(赤面)もう、お義姉さんったら」
あによめ「ふふ、ごめんね」

オガ子 「なになに?どしたの?」
ウェディ「別に、何でも無いわ。アナタの話題、でてないし」
オガ子 「えー。妹ちゃん、って聞こえたよ?」
ウェディ「うるさいわね!何でも無いって言ったでしょ?」
オガ子 「ええー酷い!」
あによめ「妹ちゃん?嫁同士の会話に旦那様が首突っ込んじゃ駄目よ?」
オガ子 「ダンナじゃないですー!私もお嫁さん!(ウェディにハグ)」
ウェディ「もう!人前でハグ禁止!!」
オガ子 「えー!いいじゃん、家族の前ぐらい」
ふたオガ「家族……か」
あによめ「(ふたオガの腕に触れて)…こうして、家族4人揃うのひさしぶりね」
オガ子 「アニキ、忙しいもんね。今度はいつまで休めるの?」
ふたオガ「決めてないけど。クエスト片付いたから。しばらくはのんびりするよ」
ふたオガ「家内とアズランに出来た温泉、行こうかなって」
オガ子 「温泉!いいなー!」
ふたオガ「収穫終わったら二人とも、一緒に行く?」
オガ子 「わー!行く行く!勿論、アニキの驕りだよ!」
ウェディ「ちょっとアナタ!少しは遠慮しなさい!」
あによめ「いいのよお嫁ちゃん」
ウェディ「でも…」
あによめ「兄らしいことしたいのよ。付き合ってあげて?」
ウェディ「すみません、お兄さん。じゃあ、お言葉にあまえて」
ふたオガ「決まりだね」
オガ子 「えへへ、温泉かー!楽しみー」
ウェディ「アナタうかれすぎ。尻尾、子猫みたい」
ウェディ「きゃあ!」
あによめ「お嫁ちゃんの背ビレだってそうとうご機嫌よ?」
ウェディ「もう、やめてください!お義姉さんってば!!」
あによめ「ふふ、いいじゃない。初めての家族旅行ですもの。楽しみましょう?」

おしまい

pixivにもUPしてます。
-----------------------------
【内容】百合/レズ/DQ10
/ドラクエ10/ドラクエX/オーガ/ウェディ/ウェディオガ/
オーガ女/オーガ♀/オガ子/ウェディ女/ウェディ子/ウェディ♀/
yuri/dojin/Wedi/Ogre

Wedi and Ogre's yuri album
Dragon Quest X思い出アルバムのスクリーンショットに台詞を追記しました。
I added words to the screen shot of a DragonQuestX recollections album.
彼女たちは百合カップルです。
They are yuri couples.
この台詞は日本語バージョンのみです
These words are only japanese versions.
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

| 携帯向 | 21:23 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【ウェディ×オーガ百合】ドラクエ10思い出アルバム台詞集1

keiico.jpg
ガタラ古代都市に住んでるオーガとウェディの百合夫婦のあしあと。
思い出アルバムに百合台詞をつけたアルバムをfacebookで公開中です。
キャプチャ写真を覗く台詞のみ抜き出しました。

【登場人物】
・ウェディ子:ウェディ(女)エテーネ村の百合少女。妹が居た。リバタチ。
・オガ子:オーガ(女)ガチ百合の旅人。生前のウェディ子に貢いでた。リバネコ。

【あらすじ】
ガチ百合の旅人オガ子。
旅の途中立ち寄ったレーンの村で生前のウェディ子と逢う。
「一人前の証を取ったら一緒に旅してv」と誑かされ、
装備やら路銀やら郵便で貢いでたオガ子。
幼い妹を盾に縁談を先延ばしにしていた
エテーネ村の百合少女は
ウェディ子と魂が入れ替わった後、次々届く贈り物や過去の手紙を読んで愕然とする。
事情を話さなくてはという義務感以外に、故郷に同性同士の恋人は居なかったので自分以外の百合ッ子に逢いたいという好奇心もあった。
オガ子に逢い、この子にはアタシがついてなきゃ駄目だわとほだされ、イロイロエロエロの後、ガタラで同棲を始める。
家のローン返済のため酒場でパートに明け暮れる日々。
生前のウェディ子に一目惚れだった、一度しかデートしてないのに貢ぎまくってたと聞き、
未だに体の持ち主に妬いてる模様。

【オガ子の引っ越し挨拶状】
ガタラに自宅を買いました。
古代都市地区2887丁目 1番地です。
近くにお立ち寄りの際は
お気軽に遊びにきてください。
嫁はパートで不在がちです。
(中の人の住所です。フレンド登録等もお気軽にどうぞ)

【ver1.2で漸く嫁もベッドが使える!】
・自宅ウェディベッドにて
ウェディ子「ちょっと!あなた私のベッド使った?」
オガ子  「使ってない」
ウェディ子「抜け毛、あなたのでしょ?」
オガ子  「ち!ちがうって!」
ウェディ子「それにこの匂い…」
オガ子  「私じゃない!」
ウェディ子「ホントに?」
オガ子  「本当だって」
ウェディ子「じゃあ猫でも迷い込んだのかしら」
オガ子  「…そうじゃない?」
ウェディ子「私のベッドに尻尾すりつけてうずくまって寝てたのね」
ウェディ子「寂しがり屋の子猫ちゃん。素直に甘えてくれたら撫でてあげるのに」
オガ子  「みゃー…」
ウェディ子「もう、やっぱりあなた?」
ウェディ子(なでなで)
オガ子   (ごろごろ)
ウェディ子「じゃあ、洗濯よろしく」
オガ子  「……」
ウェディ子「ちょっと!いつまで猫でいる気?本気で飼われたいの?首輪繋いで厳しく躾けるわよ」
オガ子 「…それは勘弁して」

【ウェディ子入浴中】
・自宅:ウェディバスタブにて
オガ子  「ねえねえスライムTシャツどこしまったっけ?」
オガ子  「……って、なんで下着きてるの」
ウェディ子「だれかさんがいちいち覗くから」
オガ子  「ごめんごめん。もう覗かないから、一緒にはいろ!」
ウェディ子「さっき入ったでしょ。それに私は半身浴中」
オガ子  「いいじゃん。そういわずに、うわ!冷たッ!」
ウェディ子「私にとって温めだもの。あなたじゃ風邪引くわ」
ウェディ子「だいたい、2人で入りたいならなんでウェディ用バスタブ買ったの」
オガ子  「オーガ用だと不便でしょ?
      私は汗流せれば良いけどあなたお風呂つかるの好きだし。」
ウェディ子「……Tシャツ棚の3段目。あとで構ってあげるから大人しくしてなさい」
オガ子  「うんv(尻尾ぱたぱた)」


【嫁が酒場でお金払わないとデートしてくれません。】
酒場でバイト中のウェディ嫁雇って指名アップに貢献するオガ子。
・グレン領東 
オガ子:格闘レンジャー ウェディ子:スティック僧侶
オガ子「デート久しぶりだね?あ、あのさ…手、つなご?」
ウェディ子「盾でふさがってるわ。それにデートじゃない。仕事中でしょ?」
オガ子「あ、うん。ごめん」
どくろあらいがあらわれた!
ウェディ子に9のダメージ!
オガ子「ホイミ!」
ウェディ「回復は私に任せて!殴るのに集中して!」
オガ子「あなたが傷つくの見るのは嫌」
ウェディ「こんなかすり傷にホイミなんて。MP少ないくせに。もう、宿代かさんで仕方ないわ!」
オガ子「えへ、ごめん

【橋上の宿でデート】
オガ子「そろそろ宿に……」
ウェディ子「日帰りでしょ?それにまだ日が高いじゃない」
オガ子「潮風が気持ち良いよ?座って休もう!」
ウェディ子「嫌よ。汚れるわ」
・帰り道
オガ子  「ぶすーっ」
ウェディ子「人前でイチャつくの嫌いなの。知ってるでしょ?」
オガ子「……」
ウェディ子「いつまでむくれてるの?ほら、いらっしゃい」

【祈りの宿でデート】
・祈りの宿
オガ子  「酷い!お泊まりデートなのに相部屋!?」
ウェディ子「……教会が経営する祈りの宿に何期待したの?」
オガ子  「おかしいと思ったよ!あなたが泊まりOKの旅行誘うなんて!!」
ウェディ子「ほら。こっち向いて?」
オガ子  「ぶすーっ」
ウェディ子「鎧のままつったって、着替え手伝ってあげましょうか?」
オガ子  「その手にはのりませんよーだ!!」
ウェディ子「もう、明日は良いとこ連れてってあげるから!」
オガ子  「ぶすーっ」
ウェディ子「いい加減にしなさい!いつまでふて腐れてるの!」
(ウェディ子はオガ子のしっぽを強くにぎりしめた!!)
オガ子  「みゃー!!しっぽはらめぇ!!」
・翌朝、海岸にて
オガ子  「静かだね。この時間は誰も居ないんだ……」
ウェディ子「プライベートビーチみたいでしょ?」
オガ子  「うん……あの、昨日はごめんね?」
ウェディ子「気にしてないわ。あなたも座ったら?」
オガ子  「うんv」

【クリスマス2012】
・自宅にて
・サンタガールオガ子&ウェディ子
「プレゼントはわたしv」とかいうとウェディ子に張り倒されるので
でっかいプレゼント(ギフトボックス)を用意したオガ子。
オガ子  「はいプレゼント」
オガ子はギフトボックスを差し出した!
ウェディ子「あら随分奮発してくれたのね。お小遣い少ないのに」
オガ子  「バイト頑張った!」
ウェディ子「ありがと。こっち来て」
オガ子  「なに?」
ウェディ子「わたしからもプレゼントv(チラッ)」
(ウェディ子 そうび)
E 勝負パンツ
オガ子  「!!!!!!!!!(ブシュッ!)」
ウェディ子「ちょっと!新調したカーペットに鼻血垂らさないで!」
ウェディ子「あなた?あなたったら!!」
オガ子  「きゅー」
・ベット
オガ子  「……あう?」
ウェディ子「気がついた?」
(ウェディ子 そうび)
Eうまれたままのすがた
オガ子  「なッ?!!!!!!」
ウェディ子「今夜は随分積極的なのね?あんなに激しいあなた初めて」
オガ子  「え!えええ!あうぅ……何も覚えてない」
ウェディ子「酷い!……酔った勢いだったの?」
オガ子  「え……ええと……そう、あなたに酔ってた」
ウェディ子「……(何上手いこと言った顔してるのよ!鼻血噴いて卒倒したくせに!)」
ウェディ子「そんなの嫌。リベンジして?」
オガ子  「あなたも……随分積極的だね?」
ウェディ子「いいじゃない。クリスマスぐらい」
END

【嫁名義の土地を買いました】
ウェディ子の伝言メモ

あなたへ
家の裏の土地契約しといたわ。鍵は私が預かるから、しっかり働いて仕事場建ててね。
ところで水没地区って浸水大丈夫かしら。おとなりさん誰も居なかったけど。

(メインオガ子直近の水没地区の土地だけ買いました。
ウェディ子の土地、水没地区2887-1です。伝言は古代都市の同一番地オガ子宅へどうぞ)

【嫁の土地にテントを建てました】
・水没地区2887-1 ウェディ子の土地(別宅)
オガ子  「更地のままじゃ味気ないからあなたの土地にテント建てておいたよ!」
ウェディ子「なんでテント?別宅に使うんだから、普通に家建てればいいじゃない」
オガ子  「えーだって……」
ウェディ子「馬鹿ねテントなんて狭いでしょ?小柄な種族にとっては家だから工事費は同じなのに!」
オガ子  「だって……あなた名義だし……鍵は、あなたが預かってるし……」
ウェディ子「……ふうん。嫁には家を管理させたくないの?テントで充分?」
オガ子  「ち!ちがうよ……待って!」
ウェディ子「……パートいってくる」
オガ子  「あ、採取?手伝うよ」
ウェディ子「いいわ。この土地のローンは私ひとりで返すから」
ウェディ子「あなたもはやく仕事いったら?あなたの土地のローンも残ってるんだから!」
オガ子  「そんな……!待ってよ!話はまだ……」
ウェディ子「聞きたくない!ついてこないで!」

・古代都市2887-1 オガ子の家(本宅)
オガ子  「ただいま……今朝はごめんね……」
オガ子  「みゃ−!嫁のベッドがない!!ま……まさか出てっちゃった!」

・水没地区2887-1 ウェディ子の土地(別宅)
オガ子  「あけて!!あれ?鍵あいてる」
・ウェディのベッドを発見した!
オガ子  「やっぱり……」
オガ子  「自分の家、あるから。……寝室は別がいいのかな……」
オガ子  「うう……やだよぅ。一緒に寝たい……。小さな家だけど、あなたと一緒に住みたいよ」
オガ子  「あれ?置き手紙?」
ウェディ子のメモ
・元気玉使用中、仮眠するのに本宅帰るの不便だから、私のベッドは私の土地にもっていきます。
 家、建ててくれてありがとう。怒ってごめんね。でも、ひどいわ。私に別宅を任せるのそんなに不安?
オガ子  「そっか……仮眠するには不便だよね。狭いから……布団の方がいいかな」
オガ子  「……帰ってきたらちゃんと謝らなきゃ。あのひとの好物つくっておこう」
END

【さいほう職人一人前になりたての嫁と買い物中にぬいぐるみを発見】

オガ子  「わあ!みてみて!可愛いぬいぐるみ!」
ウェディ子「あら本当」
オガ子  「この子、あなたにそっくり!」
ウェディ子「そう?」
オガ子  「買っていい?」
ウェディ子「駄目」
オガ子  「えー、あなたが遅いときはこの子撫でながら寝たいなー。」
ウェディ子「嫌よ!そんなの!」
オガ子  「…どうして?ぬいぐるみ嫌い?」
ウェディ子「ぬいぐるみの材料知ってる?大量の汗と涙の結晶よ」
ウェディ子「誰かの想いがしみついたこの子を抱きしめたい?」
ウェディ子「いくら似てても私じゃ無いわ」
オガ子  「そっか……判った。この子は諦める」
ウェディ子「そんな顔しないで。そのうち…私の結晶で、作ってあげるから」
オガ子  「ほんと?」
ウェディ子「素材、沢山要るし、難しいレシピだから時間かかっちゃうけど…待てる?」
オガ子  「うん!楽しみにしてる」
ウェディ子「あなたの結晶も、売ったら駄目よ?」
オガ子  「え?」
ウェディ子「わたしも…あなたのぬいぐるみ欲しいから」
オガ子  「うんv」
END

pixivにもUPしてます。30,000文字までは随時更新します。

-----------------------------
【内容】百合/レズ/DQ10
/ドラクエ10/ドラクエX/オーガ/ウェディ/ウェディオガ/
オーガ女/オーガ♀/オガ子/ウェディ女/ウェディ子/ウェディ♀/
yuri/dojin/Wedi/Ogre

Wedi and Ogre's yuri album
Dragon Quest X思い出アルバムのスクリーンショットに台詞を追記しました。
I added words to the screen shot of a DragonQuestX recollections album.
彼女たちは百合カップルです。
They are yuri couples.
この台詞は日本語バージョンのみです
These words are only japanese versions.

| 携帯向 | 20:14 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【携帯向DQ10同人ふたなりレズ】女ウェディ×ふたオーガ台詞集1

デジコミjp向けDQ10オーガウェディ本表紙
ドラクエ10女ウェディ×ふたなりオーガ
ふたなりレズ同人誌、
女ウェディ×ふたオーガ
デジコミ.jpで配信開始しました!
前半11頁の漫画プロット&台詞になります。
前半部分はPC向けweb漫画として公開もしています。
同人誌&デジコミは全頁収録+オマケ漫画3頁つきです。

グレン城下町

ウェディ「納品済んだ?」
オーガ 「うん!ありがと!助かった!」
オーガ 「やっぱり仲間がいるって良いね!」
ウェディ「もう、大げさね」
ウェディ「契約は明日の朝までだけれどどうする?」
オーガ 「宿もどろ。奢るよ。美味しいもの食べよう!」
ウェディ「……じゃあご馳走になろうかしら」


グレン宿屋
・押し倒されるオーガ
オーガ 「っ……やだ!やめて!ウェディ!!」
・恥じらい抵抗するオーガ
・キスで口を塞ぐウェディ
ウェディ「ご馳走してくれるんでしょ?」
オーガ 「ふえ?」
オーガ 「ち、違うよ!そういう意味じゃ……」
・ウェディ、荒い息づかいで下着を脱ぐ。
・ズボンを脱がすウェディと抵抗するオーガ
オーガ 「そこは駄目! やぁっ!見ないで!見ちゃいや…」
ウェディ「どうして?」
・勃起する角つきの巨根
・ウェディ上目遣いでフェラ
ウェディ「とっても美味しそう」
ウェディ「エッチなツノもこんなに生やしてイケナイ娘v」
ウェディ「ウブなフリして一体何人泣かせたの?」
・怒張したペニスと不釣り合いに幼子の様にすすり泣くオーガ
ウェディ「オーガ?」
オーガ 「気持ち…悪いよね」


回想:謎の神殿

・呆然と立つエテーネの幼い少女。
オーガ「……事故にあって。記憶が……ないの」
少女 「……たし、わたし……は」
少女 「(強くなりたい!そう願っただけなのに!)」
・少女の霊体がふたなりオーガに憑依する
・オーガにキスし、溶ける少女
・目をひらくオーガ
オーガ 「こんな……気持ち悪いの生えるなんて。この体……判らない」


グレン宿屋

ウェディ「…沢山恋をしたからよ」
オーガ 「え?」
ウェディ「おちんちんで恋人といっぱいセックスしたの」
オーガ 「ひえ……せっ?!」
ウェディ「ダメよ。鍛えてくれた恋人達の為にも」
ウェディ「誇らなきゃ!……ねv」
オーガ 「っ……うん」

オーガ 「(ウェディはこの体、好き……なんだ)」
オーガ 「ひあっ!」
オーガ 「(なに……これ……)」
・音をたてて、パイズリフェラするウェディ
・オーガのペニスは咥え切れず舌と胸で奉仕する
オーガ 「あっ!あっ!あっ!あっ」
オーガ 「(やだ……恥ずかしいこえ……止まらない)」
オーガ 「怖い……怖いよ!でも……我慢しなきゃ嫌われちゃう……!)」
・ガクガクと痙攣し、達するオーガ
オーガ 「あああんv」
・ウェディの口膣に白濁を射精
ウェディ「まるでチェリーね可愛いv」
ウェディ「うふふ……ちゃんとセックスできるかな?」
ウェディ「いらっしゃい?お姉さんが試してあげる」
・くぱぁと開帳して誘うウェディ
・ウェディのヴァギナを指と舌で奉仕するオーガ
オーガ 「(すごい……濡れてる。ひんやりして気持ちいい)」
オーガ 「(ちゃんと……えっちできたら恋人にしてくれるかな?)」
・オーガの執拗な奉仕に、惑うウェディ
ウェディ「(えっ?この娘…上手い……!女のツボは覚えてるの?)」
ウェディ「(やだ……舌だけでいっちゃう!)」
ウェディ「ーーーーーッv」
・声を押し殺して達するウェディ
ウェディ「もう 焦らすなんて 生意気よ」
・髪をかき上げ照れ笑いウェディ
オーガ 「ご…ごめんね 嫌だった?」
ウェディ「……生意気な娘も嫌いじゃないわ」
・ウェディ、騎乗位で挿入
ウェディ「(あのひとより……太いッ。熱くたぎって子宮まで火傷しちゃう!!!)」
・オーガ絶頂。射精
ウェディ「沢山射精(で)たね。すこし休む?」
オーガ 「ううん……大丈夫」
ウェディ「あら頼もしいv」
ウェディ「つぎは動くから。キツかったら言ってね」
・ギシギシ、ベッドを軋ませ、じゅぶじゅぶと粘液の音が響く
オーガ 「ね……ねえ気持ち良い?」
ウェディ「そんなこと聞かないの」
オーガ 「ちゃんと……セックスできてる?」
ウェディ「え?…ええ。とても上手よ。すごく、気持ちいいわ」


回想:グレン酒場

オーガ 「あ……はじめまして。ええと……」
・ぽーっと見惚れるオーガ
・クスッと微笑むウェディ
ウェディ「ウェディでいいわ」
オーガ 「名前は……ん」
・ウェディ、オーガの唇に指をあて、制止
ウェディ「さぁ、行きましょ?オーガ」


グレン宿屋

オーガ 「……ウェディ」
オーガ 「明日から予定……ないんだよね?だったら……私と」
・騎乗位でウェディの表情は見えない
ウェディ「だめ契約違反よ」
オーガ 「いくら?ゴールドなら……」
ウェディ「お金の問題じゃ無いわ」
・とまどう表情のウェディ
オーガ 「どうしても?」
ウェディ「……ええ」
・オーガウェディの腕を掴む
オーガ 「……ウェディ。あなたと離れたくない」
オーガ 「なまえも知らないけど。わたし……あなたのこと」
・押し倒されるウェディ、目をつぶりながら
ウェディ「……だめよ オーガ 明日になったら」
・目を開くウェディ。冷静な眼差しで
ウェディ「忘れて」

続きはPC向けweb漫画として毎月1頁更新中です
デジコミ&同人誌版は全頁収録しています。

台詞はpixivにも投稿してます。

| 携帯向 | 16:10 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【携帯向DQ10ふたなりレズ】女ウェディ×ふたオーガデジコミ.jpで配信開始【ガラケー】

デジコミjp向けDQ10オーガウェディ本表紙
ドラクエ10女ウェディ×ふたなりオーガ
ふたなりレズ同人誌、
女ウェディ×ふたオーガ
デジコミ.jpで配信開始しました!
デジコミ版は冊子同人誌より
お手頃な価格で頒布してます。
立ち読みもございますので
ガラケー同人派の方は
是非ご覧下さいませ!

◆サークル:ビアチカエロパロ部
◆ジャンル:ドラゴンクエスト
◆掲載日:2012/11/08
◆作品価格:420円(420pt)
◆作品コメント
【詳細】
ドラクエ10ウェディ×オーガふたなりレズ漫画です。

お姉ちゃん大好き百合っ子幼女がふたなりオーガに転生!
小柄だけど積極的なウェディ姉さんにいただかれちゃいます!
外見は巨乳×筋肉娘で大人のオンナのふたなりレズSEX。
内面はエッチなお姉さんとピュアな幼女の百合レズラブ。
描き下ろし短編漫画もアリ。

~あらすじ~

最愛の姉を失い
力を欲した少女は
オーガへの転生を願う

異性を知らぬ
少女に与えられた性は
万能-ふたなり-

出逢ったのは
愛に飢えた
ウェディの女

初夜に戸惑うふたなりを
ウェディは優しく導くが
オーガの心は
未だ、少女のままで…

◆デジコミ.jp作品関連タグ検索
ネコ耳(獣耳) フェラ レズ ふたなり 巨乳 中出し

デジコミ.jpで配信開始頁はこちら
QRコード
onnnawedkoco


ビアチカエロパロ部のケータイHPはこちら

| 携帯向 | 14:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【携帯向】エアリス×ふたなりティファのバレンタイン

エアリス×ふたなりティファのバレンタイン
keitaitifa.jpg
今年はフォンダンショコラにしてみたの
お口に合うといいんだけど
買うより作った方が早いからね
みんなのもついでに
でも本命はエアリスだけよ

あはは
エアリスから貰った
クラッシュポッキーも
美味しいよ
やだな
ホント嬉しいってば
え?食べさせてくれるの?

あーん、って
や、あんっ!
そこは……
駄目……じゃないけど
んっ……大丈夫
痛くない
つぶつぶが
気持ちいい

うん……もっと
え?もう、いじわる
エアリス
食べさせて下さい
おっぱいにも
おちんちんにも

あっあ
ああああああ!
でちゃう!
エアリスの本命ポッキー
あたしの精子で白濁しちゃう!!

画像の全体像はpixivでご覧下さい


12/15日付記事を携帯向けに再編集したものです
今後も台詞つきイラストを中心に携帯向け記事もUPします。
携帯画像サイズは最大240*320ピクセルのjpeg画像になります。

ビアチカエロパロ部のケータイHPはこちら

| 携帯向 | 14:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。